冬の肌が乾燥する原因と洗顔方法

冬になると肌がカサついたり、突っ張ったりと「乾燥」を感じることが多くなりますよね。

空気が乾燥しているから、なんてフレーズも良く耳にしますが、果たして原因はそれだけでしょうか?

原因と同時に、どのように対処すべきか。ルアンルアンの考えをお伝えしてまいります。

□ 一時的な乾燥と、本当の乾燥

冬のお肌が乾燥する原因は大きく2つです。

 

「空気の乾燥」と「血流不足」。

 

空気が乾燥していると、肌の潤いが持って行かれる感じがありますよね。特に顔や手は服で覆われていないことが多く、外気にさらされている時間が長いので、より影響を感じることが多いです。

 

そして室内であっても、夏に冷房で空気が乾燥する以上に、冬の暖房は室内の湿度を下げるので困りものです。

 

ただし、暖房は風が直接肌に当たることが少ないので、クーラーと比べると”肌の水分の蒸発”というほど極端に作用するものではありません。どちらかと「今日は肌が乾燥してる感じがする」という一時的な現象として潤い不足を感じさせる程度です。

 

むしろ問題なのはもう1つの「血流不足」による乾燥の方。

 

これこそが角質層のバリア機能を低下させ、本当の意味での「乾燥肌」を招いてしまう根本的な原因なのです。

section_02

□ 角質層のバリア機能

冬と言えば何でしょうか? イルミネーション? お正月? それも楽しいですが一番は「寒い!」です(笑)

 

寒いと血管が収縮します。これは体温を逃さないようにする為で、逆に夏の血管は拡張します。

 

血管が収縮するということは、肌にせっせと栄養を運んでくれている血流が少なくなるということ。

 

その影響は肌の生まれ変わりである新陳代謝・ターンオーバーの低下を引き起こします。

 

そしてターンオーバーが低下するとどうなるか。ズバリ、角質層のバリア機能が低下するんです。

 

バリア機能は肌が受けた外からの刺激を真皮まで届かせないようにブロックしてくれる役割と、もう1つ肌内部の大切なもの(水分など)を外に放出しないようにブロックしている役目も担ってくれています。

 

なので、この機能が低下すると肌は潤いをどんどん放出し、内側から乾燥してしまいますし、さらに進むと、外部からの刺激も受けやすい「乾燥性敏感肌」も引き起こすようになってしまいます。

 

これこそが冬になると感じ始める「乾燥肌」の正体です。

 

こう考えると、「じゃあ血流良くしてターンオーバーが行われるようにすれば良いんだね」となりますが・・・その通りです笑。

 

ビタミンが豊富で体温が上がるような食事を取ったり、お顔のストレッチなんかも効果大です。

 

ただし、

 

ターンオーバーはご存じのとおり28日以上かけてじっくりと肌が入れ替わる機能。すでに乾燥を感じてしまってる時は即効性のある対策が欲しいですよね。

 

そこで大切になってくるのが化粧品によるスキンケアです。

section_03

□ 乾燥した肌の洗顔方法

スキンケアで冬の乾燥肌対策をする時のポイントはやはり「洗顔」にあります。

 

刺激に対して敏感になっている肌に対して優しい洗顔で肌をリセットし、その後補充してあげることでお肌が落ち着く→ターンオーバーしやすい状態に導きます。

 

その洗顔の一例として、カサつきを感じる乾燥肌の洗顔はこうです。

 

  1. ステアリン酸やパルミチン酸がリッチな石鹸を選び
  2. 泡を固めに泡立て
  3. 肌に泡を乗せるのは20秒程度
  4. 常温の水でしっかり洗い流す。

 

結構シンプルです。肌が元気をなくしている時は、良いことをシンプルに行うのがおすすめ。1番のポイントは、お湯ではなく「水」を使うこと。

 

夏の水道水くらいの温度でも大丈夫ですし、肌が敏感になっている場合は30度前後の水温が理想的です(室内プールくらいの水温)。冬の冷水だと洗顔が修行になってしまいますからやめておきましょう。

 

さらに加えるならば、お風呂場での夜洗顔は入浴する前に行うと肌内部の潤いが外へ逃げやすくなりますので避けたほうが良いです。

 

この洗顔方法は「皮脂膜を必要以上に落とさない」「細胞間脂質をなるべく流さない」「刺激をできるだけ少なくする」為の方法となります。

 

不要な皮脂をしっかりと落としながら、角質層の潤いはなるべく洗い流さない為の洗顔バランス。

 

ちなみにスクワレンなどの皮脂をもっと落としたくない場合はオレイン酸がリッチな石鹸を選ぶのが王道ですが、皮脂は後のオイルやクリームで補充しやすいので、まず角質層にダメージを与えないことを最優先とした洗顔方法になっています。

 

ぜひ試してみてください。

section_04

□ 洗顔後に与える成分のススメ

では洗顔後のスキンケアで補充する成分は何が良いでしょうか。

 

これは肌質によっても違いますので一例として一番多いパターンでご説明します。

 

角質層に一番加えたいのは「セラミド」です。

 

セラミドはブロック状に並んでいる角質細胞をセメントのようにつなげる角質細胞間脂質の約40%を構成し、この40%で肌全体の80%の水分保持を担っているというデータもあるとても大切な成分。

 

人が持っている潤いをキープする力では、セラミドは王様と呼べる存在です。

 

ブロック機能が弱まった乾燥肌では、このセメント(角質細胞間脂質)が不足することでブロックの列が崩れ、隙間が出来てしまっています(敏感肌の一因)。

 

これをセラミドを補充してあげることで、ブロックが隙間なく並べるようにサポートしていってください。

 

そして、ブロック機能で角質層と並んでもう1つ大切な”皮脂”の補充には「スクワラン(スクワレン)」や「ホホバオイル」がおすすめです。

 

こちらは、なるべく人間の皮脂と近い成分を持った高品質なものを選ぶのがポイントとなります(害のないワセリンでも代用できます)。

 

皮脂膜の補充ですから薄く塗る程度で充分です。塗りすぎると逆に肌が荒れたりしますので注意してください。

 

この他にも脂肪酸やアミノ酸、コレステロールエステルなど色んな必要成分がありますが、いきなり色んなものを与えてしまうと「何が効いたの?」とわからなくなってしまいますので、まずはシンプルに「セラミドの補充」から初めてみてはいかがでしょうか。

□ 最後に・・・

スキンケアの一番の目的は与えることではなく、ターンオーバーが正常化するようにサポートすることだと私たちは考えています。

 

だから「ちゃんとリセットしましょう」「刺激は大敵」というような言葉を良く使います。

 

一生付き合っていく肌なんですから、ターンオーバーでフレッシュな肌が生まれ、自分本来の肌で満足できるようになるのが一番なんです。

 

だけど肌が揺らいだ時は、生まれ変わって正常になるまで、今の肌に足りていないものを補充したり、生まれ変わりの栄養になるものを与えたりします。

 

そうすることで、今ある肌の悩みを和らげるのも大事なことですし、「次に生まれ変わってくる子たちは、この状態を作るんだよ」と導くことも出来ます。

 

最後になりますが、常に補充を繰り返し、補充無しでは肌が落ち着かない・・・という状態にしてしまうのは私たちの望むところではありません。

 

ルアンルアンの存在が、冬の寒さにも夏の暑さにも負けない、健やかでたくましい肌と毎日の生活の一助になることができれば嬉しいです。

今回記事に関連する商品

・Herbal Fresh Soap[white] ROSE&GERANIUM

rose

最もスタンダードで優しい生せっけん洗顔。女性のバランスを整えるローズがおすすめ。

 

・Herbal Fresh Soap[red] VERGAMOTTO ORANGE

red

脂性乾燥肌の方には脱脂力が少し強めで血行促進スクラブ配合のレッドがおすすめです。

 

・Herbal Pure Cream

cream

人のセラミドと同じ構造を持つ米セラミドを配合した保湿クリームです

 

・Ruam Ruam Pro. Massage Oil

oil

4つのキャリアオイルのブレンドで、ホホバオイル、スクワラン(サトウキビ由来)も配合したオイル

最近のコラム


カテゴリから探す
限定アイテム
生せっけん
スキンケア
ヘアケア
ボディケア
アロマグッズ
サプリメント
グッズ
定期便(10%OFF)
ラッピング&ギフト
価格帯別
まとめてお得
再入荷アイテム

Page Top