「洗顔石鹸は良くない」と言われる理由やその真実を解説

毎日の洗顔料に 石鹸 を選ぶということに、少し抵抗を覚える方も多いでしょうか?

「洗顔石鹸は乾燥してよくない」「つっぱる」

洗顔石鹸は肌によくないのでは?‥と少しネガティブな声も耳にすることがありますが、素肌にとってその真相は一体どうなのでしょうか?
この記事では、洗顔石鹸が肌に良くないと言われる理由やその真実について解説しながら、洗顔石鹸にまつわる誤解を解き明かし、正しい洗顔石鹸の選び方や使い方についても詳しく紹介していきます。

「洗顔石鹸は良くない」と言われている理由とその真実

contents

肌の汚れを落とし素肌をフラットな状態に戻す洗顔は、スキンケアの中でも特に重要なステップのひとつです。
だからこそ、洗顔料選びはとても重要ですが、石鹸や洗顔フォーム、ジェルやクリームなど洗顔料には様々な種類があります。

その洗顔料のひとつ「洗顔石鹸」には、どこか肌に良くないようなイメージをもつ方も多くいらっしゃいます。でも、実は洗顔石鹸は肌にも環境にもやさしいアイテム。「洗顔石けん=良くない」と決めつけてしまうのは、とてももったいないことなんです。

ここでは、石鹸が「肌に良くない」と言われてしまう4つの理由と合わせて、その真相を解き明かし真実に迫ります。

刺激が強い

洗顔石鹸は、一部の人にとって肌に刺激が強いと感じることがあります。しかし、これは全ての洗顔石鹸が刺激的であるわけではありません。適切な成分が配合されている洗顔石鹸は、肌を優しく洗浄し、刺激を最小限に抑えることができます。

泡立ちが悪いため摩擦が起こる

一部の洗顔石鹸は泡立ちが悪いと言われており、摩擦が起こる可能性があります。しかし、泡立てネットを必ず使用したりと適切な泡立て方や洗顔方法を実践すれば、肌に負担をかけることなく洗顔できます。
また、泡立ちが良い洗顔石鹸もあるため、そのような洗顔石鹸を選ぶことで摩擦レスに洗顔が可能になります。

乾燥肌や敏感肌には合わない

洗顔石鹸は、一部の人にとって乾燥肌や敏感肌に合わないと感じることがあります。しかし、肌の状態や個人差によって合う合わないがあります。適切な保湿ケアや洗顔石鹸の選び方を考えることで、乾燥肌や敏感肌でも安心して使うことができます。例えば、肌に負担となり得る成分(合成界面活性剤等)が無添加のものを選べば、乾燥肌や敏感肌の方も安心して使用できます。何が配合されている石鹸なのかをしっかりと確認することが重要です。

雑菌が繁殖しやすく不衛生

洗顔石鹸が雑菌が繁殖しやすいという誤解がありますが、実際には適切な管理や使用方法を実践すれば、雑菌の繁殖を防ぐことができます。

洗顔石鹸が雑菌の温床になる可能性があるのは、湿気の多い環境や水が溜まりやすい場所で保管されたり、複数の人が共用する場合などです。また、石鹸皿や容器が清潔でない場合も、雑菌の繁殖を促進する要因となります。そのような時には緑膿菌という菌が繁殖し、重大な感染症につながる恐れもあります。

しかし、緑膿菌は乾燥に弱いため使い終わったらしっかりと水切りして乾燥させることで、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
さらに、天然成分や抗菌成分が配合されている洗顔石鹸を選ぶことも、雑菌の繁殖を抑制する一助となります。定期的に石鹸皿や容器を洗浄し、清潔な状態を保つことも忘れずに行いましょう。

要するに、適切な管理と使用方法を実践すれば、洗顔石鹸の雑菌の繁殖を防ぐことができ、安心して使用することができます。
また、そもそも衛生的に使用できる形状の洗顔石鹸もあるため、そのような石鹸を選ぶことで常に衛生的に安心して使用ができます。

洗顔石鹸を選ぶ際のポイントと注意点

30代で洗顔石鹸を選ぶ際のポイント・注意点

このように、多くの方が誤解している洗顔石鹸ですが、選ぶ際のポイントや注意すべき点を理解していれば、肌にも環境にもとっても優しいおすすめの石鹸です。

まずは、成分の確認をすることが重要です。
肌に負担となり得る成分が配合されていないかを確認しましょう。次に、肌への優しさには「摩擦レス洗顔」ができるかが重要です。適切な泡立ちができるかどうかを確認し、肌にやさしく洗浄できるかをチェックしましょう。
また、保湿成分が少ない石鹸は、洗顔後のつっぱりが気になるため、洗顔後のつっぱり感や乾燥を防ぐために、保湿成分が配合されているかも確認しましょう。

おすすめの洗顔石鹸を紹介

contents


洗顔石鹸の中でも特におすすめの商品として、ルアンルアンの生せっけんをご紹介します。
まず生せっけんは、肌に負担となり得る成分が無添加の8フリーを実現した洗顔石鹸であり、小さな赤ちゃんから使用できるほど肌に優しい石鹸です。

テクスチャーは生バターのように柔らかく、その理由は生せっけんに配合された成分の半分以上が“保湿成分”でできているから。石鹸が原型をとどめるぎりぎりまで保湿成分を配合した、「まるで美容液」な石鹸となっています。
通常の固形石鹸の「70倍」の保湿力があり、洗ったあとも化粧水を忘れてしまうようなしっとり感を感じることができます。
乾燥を防ぐことで、透明感のある肌に、そしてツヤ肌へと導きます。
また、14種類の天然ハーブが配合されていることで、素肌を整え、肌本来の肌力を高めるよう働きかけます。

生せっけんには「オリジナル」と「ローズ&ゼラニウム」の二種類ありますが、より高い保湿力を求めるなら「ローズ&ゼラニウム」の生せっけんがおすすめです。

「ローズ&ゼラニウム」には天然のローズとゼラニウムの精油が配合されていますが、それぞれに保湿力があり、肌に潤いを与え、水分を保持する役割を果たします。

特に、ローズのエッセンシャルオイルは保湿作用が高く、乾燥した肌をしっとりとした状態に整えます。一方、ゼラニウムのエッセンシャルオイルも保湿効果があり、肌の水分バランスを整えて健やかな肌を保ちます。
シダーウッドも配合されているので甘すぎない香りが心地よさもお届けします。

「洗顔石鹸は良くないのでは…」と不安な方へ

「洗顔石鹸は良くないのでは…」という不安を感じる方々へ、ご安心ください。洗顔石鹸は適切に選んで使えば、肌の健康にプラスの影響を与えることができます。

一部で「洗顔石鹸は肌に良くない」と言われることがありますが、これは必ずしも正しいとは言えません。実際、肌質や使用方法によって適した洗顔石鹸が異なります。肌の状態や個人の好みに合わせて、適切な洗顔石鹸を選ぶことが重要です。

また、洗顔石鹸は適切に使用することで、肌を清潔に保ち、余分な皮脂や汚れを取り除くことができます。適度な洗浄力を持ちながらも、肌の乾燥を防ぐ成分が配合されている製品を選ぶことで、肌を清潔で健康的な状態に保つことができます。

さらに、洗顔石鹸を使用する際には、適切な泡立て方や洗顔方法を実践することも重要です。過度な摩擦や洗浄時間の長さは、肌に負担をかける原因となりますので、優しく丁寧な洗顔を心掛けましょう。

特にルアンルアンの生せっけんは、様々な肌悩みに寄り添う洗顔石鹸です。
正しい洗顔習慣と共に、生せっけんで美しい肌を保ちましょう。


カテゴリから探す
限定/新商品/再入荷
生せっけん
スキンケア
スキンケアラインセット
ヘアケア
ボディケア
定期便(20%OFF~)
ギフト セット
ラッピング
グッズ
家具・雑貨
価格帯別
販売終了品

Page Top