夏のダメージケアは”洗顔”から見直すのが正しい

梅雨も終わりに近づき、夏本番も間近。

お出かけシーズンに胸が弾みつつも、お肌のくすみや毛穴が気になってちょっとモヤモヤ…。そんな経験はありませんか?

特に強い日差しによる夏の紫外線は、夏肌を不調に育てる原因に。
そんな紫外線からのトラブルも、ケアに少し気をつかってあげるだけで、そう難しくなくつるんとすべすべな"つるすべ肌"に近づくことが可能です。

今回は紫外線による肌トラブルの原因と合わせて、お肌を守り"つるすべ"肌へと導くケア方法を徹底解説します。

ぜひ最後までご覧くださいね。

◇ やっぱり紫外線は、夏肌の大敵…!

ギラギラと照り付ける太陽に、夏がきた!と思う方も多いはず。

お日さまの光を浴びることでビタミンDが生成され健康なカラダへと導いてくれたり、夏らしい暑さに気持ちが高まったり…と嬉しい効果もたくさんありますが、ご存知の通り肌にとってはこの紫外線こそ”夏肌トラブル”の原因の1つとなります。

でも、なぜこの紫外線が肌トラブルを引き起こすのかをご存知ですか?

その理由と対策方法を知って、夏肌トラブルを回避していきましょう。

《くすみの原因はメラニン色素》

紫外線をたくさん浴びると、肌を守ろう!と肌の色素を濃くする”メラニン色素”が作られます。

メラニン色素と聞くと 日焼け! と悪者に感じがちですが、実はメラニン色素は紫外線を吸収することで、肌のダメージを深刻化させてないように、天然の日焼け止め効果も発揮してくれる大事な肌の機能なんです。

通常は肌が生まれ変わる(ターンオーバー)タイミングで体の外に排出されるので、それがシミやくすみの原因になることはありません。

 

ただ… /

 

何らかの原因でこのメラニン色素が過剰に生成されるとターンオーバーでの自然排出が追い付かず、色素沈着してしまい“シミ”“くすみ”の原因となります。

これこそが、”メラニン色素=悪者”という印象になる大きな理由。

 

さらに紫外線を浴びた肌は乾燥しやすく、結果として肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌することで、毛穴に皮脂がつまり“毛穴の開き”“黒ずみ毛穴”という悩みも生み出してしまうんです。

 

こんな夏の紫外線を悪者にせず、肌トラブルに繋げないためには、実は、毎日の何気ない“洗顔”が解決のポイントになります!

◇ 紫外線対策は、1日2回の洗顔とたっぷり泡がポイント!

紫外線対策のポイントは朝の洗顔!

みなさんは、朝の洗顔をどのようにしていますか?

慌ただしい朝の時間は、ぬるま湯でパパッと洗顔して終わり、という方もいらっしゃいますよね。

でも、暑い夏の夜はコップ1杯分の汗をかく!と言われているほど寝ている間に汗をかき、肌には皮脂や埃などのトラブルの原因が多く潜んでいるんです。

さらに、そこへ日中の暑さで汗や皮脂が大量に分泌し、紫外線のダメージも追加。

すると、お肌はどのような状態に傾くかイメージできますでしょうか‥?

 

まず、過剰に分泌し落としきれない角質が肌に積もり肌表面が古い角質で分厚くなります。

次に、ターンオーバーが乱れ始めてしまうんです。

先ほど紫外線がもたらす悪影響として”ターンオーバーが乱れるとシミやくすみの原因に” “皮脂は毛穴の開きや黒ずみの原因に”なるということをお伝えしました。

…そうなんです。

 

不要な皮脂をしっかりと取り除き、ターンオーバーの乱れを起こさない。この2つこそが夏肌トラブルを根本的に解決するために必要なポイントであり、夏の朝はそのケアが特に必要なタイミングなんです。

だからこそ、朝晩の2回!

朝洗顔で夜に溜まった汗や皮脂などは朝の段階でしっかりと落とし、肌に余分な汚れがない状態をしっかりつくってあげましょう。

そうすることで、朝のうちに余分な皮脂を一旦取り除くことができ毛穴トラブルを防ぐことができます。

加えて、余分な皮脂・角質を溜めないことでターンオーバーの周期を安定させることで 夏の紫外線 を浴びたお肌がつくるメラニン色素をしっかりと体外へ排出できるため、シミやくすみのトラブルからの解放にも繋がるんです。

 

洗顔と聞くと基本的なことに感じますが、この基本のケアが肌の調子を整え、美肌を育てる鍵。

抗酸化作用の高いアイテムでくすみを和らげたり、メイクでカバーをすることで夏肌トラブルを解決することも、もちろん出来ますが、そもそもトラブルが起きにくい肌の状態を作り・キープすることが大切だと私たちは考えています。

それも続ければ、お客さまが本来もっている美しさを表に出すことができ、その”本来の美しさ”や”健やかな肌”こそ、本来の美肌だとルアンルアンは信じています。

 

今回はその 本来の美肌 を呼び起こすための洗顔ポイントをもう1つお伝えしますね。
それは洗顔の際に \たっぷりの泡/ をつくること。

 

これは夏だけでなくこれから迎える季節の変わり目や数年後の美肌を考えたときにも、とっても大切なことになります。

急がば回れ。塵も積もれば山となる。…そんな美肌現象を起こすポイントなんです!

夏の強い紫外線を浴びた肌は、少しの刺激にも敏感になっています。

特に皮脂で肌のテカリが目立ちやすい時期なので、洗顔のときも肌をゴシゴシと洗ってしまいがちですが、その洗い方はNG!ゴシゴシ洗いは肌を傷つけるだけでなく、皮脂を落とし過ぎてしまい乾燥肌を育ててしまいます。

 

乾燥肌は、肌を潤そうと更に皮脂が分泌され、毛穴の開きや黒ずみなどの夏肌トラブルを引き起こします。

だからこそ、たっぷりの泡で摩擦を起こさず、落とし”すぎ”る洗顔はしないようにケアをしていきましょう。

 

具体的には…

強くこするよりも”たっぷりの泡”を肌に押し付けて離すイメージで、

自分の手の平が顔につかないようにポフポフと優しく洗顔を。

 

少し意外に感じるかもしれませんが、

“泡で優しく”洗うほうが古い角質や毛穴の汚れはしっかりと落ちるんです!

 

肌への摩擦を最小限にするためにも、オレンジ1個分くらいのたっぷりの泡で。

そんな優しい洗顔で、あなた本来の美しい、健やかな肌を維持してくださいね。

◇ 夏の紫外線ダメージは、毎日のケアで解放できます。

今回は夏の紫外線が肌トラブルに繋がる原因と、それに合わせた洗顔方法をご紹介しました。
スキンケアの基本。ともいえる洗顔ですが、この基本の部分を少し気遣ってあげるだけで夏肌のトラブルを防ぐことが可能です。

旅行やイベント、お出かけの機会も増える夏。汗や皮脂のベタつきが気にならず夏肌トラブルのない、つるっとすべすべな”つるすべ肌”で過ごせたら、自然と表情も明るく、お出かけもさらに楽しくなるはず★ミ

毎日今回ご紹介洗顔という行為と、もう1度向き合いしたケア

夏肌トラブルに負けず、楽しい夏をすごしましょう!

 

今回も最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。
また次回、お会いできることを楽しみにしております。


カテゴリから探す
限定/新商品/再入荷
ハーバルフレッシュソープ(生せっけん)
スキンケア
ヘアケア
ボディケア
アロマグッズ
サプリメント
グッズ
定期便(20%OFF~)
ラッピング&ギフト
価格帯別
まとめてお得

Page Top