乾燥肌向けのおすすめの洗顔石鹸を紹介!選ぶ際のポイントも

冬に近づくにつれて、肌がゴワついたり、カサついたり「乾燥」を感じることが増えてきましたね。一年のうち、もっとも空気が乾燥するのは12月〜2月といわれています。つまり、冬のスキンケアはいつもより乾燥対策が大切に。特に乾燥肌さんは正しいスキンケアを行わないと、肌の乾燥が悪化してしまうかも。

スキンケアと聞くと、化粧水や美容オイル、乳液を想像するかもしれませんが、乾燥対策に大切なステップは正しい方法で洗顔をすること。特に、どんな”洗顔料”を使っているか、が重要なポイントになります。
なぜ洗顔?と思う方もいるかもしれませんが、今行っている洗顔方法によっては気になる「乾燥」をさらにひどくしてしまう可能性があるからです。

今回は、乾燥肌さん向けの洗顔石鹸を選ぶポイントと、おすすめの洗顔石鹸についてお伝えしていきます。スキンケア以外の乾燥対策も併せてお伝えしていきますので、是非最後までお読みくださいね。

乾燥肌の特徴は?

contents-1128

乾燥肌とは、
肌の水分が足りず乾燥している状態のことを指します。

「洗顔や入浴後に肌がつっぱる」
「お化粧のノリが悪い」
「高保湿なスキンケアをしているのに、目元や口元が粉を吹く」

このような症状に当てはまる方は、すでに「乾燥肌」の状態になっている可能性が..。

乾燥肌も、季節によって少しずつ特徴があるのですが、冬の乾燥肌の特徴は「ターンオーバーの低下」によって引き起こされます。

簡単に説明すると‥
冬は寒いですよね。外の気温が低く、寒さを感じると血管が収縮します。
血管が収縮するということは、肌に栄養を与えてくれる血流が少なくなり、肌の生まれ変わりである「ターンオーバーの低下」に繋がります。

この「ターンオーバーの低下」は、肌内部の水分(潤い)を外に放出しないようブロックしてくれている角質層の「バリア機能」の低下に繋がってしまうため、肌内部の潤いを保つ機能が正常に機能せず、肌の水分がどんどん蒸発していってしまうため肌の内側から乾燥が進んでしてしまうのです。

ターンオーバーの乱れが原因で、肌の水分が不足し引き起こされる冬の「乾燥肌」は、「肌のターンオーバー」を促すスキンケアが重要となります。そして、そのために重要なポイントとなるのが、乾燥肌の対策ができる洗顔石鹸で洗顔することです。

【乾燥肌の人向け】洗顔石鹼を選ぶ際のポイント

contents-1128-2

化粧水も美容液も乳液も、しっかり保湿ケアができているのに乾燥する、といったお声をよくいただきますが、このような場合はスキンケア以前に、「洗顔」に問題があることが多いです。

例えば‥

肌に刺激のある洗顔石鹸を使うことによって、肌にダメージを与えていたり、
しっかり汚れを落とそうと、成分の強い洗顔料を選んでいたり、
逆に、汚れを落としきれていなかったり‥

このような洗顔は肌のターンオーバーを低下させ、乾燥を悪化させてしまうのです。乾燥タイプの肌に大切なことは、「不要な汚れは落としつつ、必要なうるおいは残す」こと。つまり、=しっかりとターンオーバーを促す洗顔石鹸を選ぶことが重要です。そこで、ここからは洗顔石鹼を選ぶポイントを3つお伝えしていきます。

1. 1. 肌への刺激成分が少ないこと

乾燥肌は特に肌への刺激はNG。肌への刺激になり得る香料や着色料などの添加物は避けて、刺激成分が無添加のものを選ぶことがおすすめです。

2. 保湿成分がリッチな石鹸であること

肌を刺激から守る3つのうるおい成分が角質層にはあります。このうるおい成分を肌に残しながら、不要な汚れを落としていくことが大切です。セラミドやヒアルロン酸、グリセリンやはちみつ、アロエなどのハーブエキスなど保湿成分をしっかりと配合した洗顔石鹸を選ぶことがおすすめです。

3. 濃密泡で摩擦ゼロで洗えること

洗顔時の摩擦による刺激は乾燥の原因の一つ。濃密な泡を作ることができる洗顔石鹸がおすすめです。肌に泡を乗せる時間も長すぎると刺激となってしまうため、泡切れの良さも選ぶポイントの一つです。

乾燥肌の人におすすめの洗顔石鹸

contents-1128-3

肌に残った汚れも、洗いすぎも刺激になってしまう乾燥肌さんには、「不要な汚れは落としつつ、必要なうるおいは残す」洗顔石鹸がおすすめです。肌への刺激が少なく、保湿成分が高く、濃密な泡で洗顔できる・・そんな乾燥肌さんにとって嬉しいポイントが詰まっている洗顔石鹸が、ルアンルアンの生せっけんです。

生せっけんの特徴

自然由来の成分で、小さな子供から敏感肌、アトピーに悩む方にまで幅広く使っていただける肌に優しい洗顔石鹸です。

肌に負担となり得る添加物を配合せず、8フリー無添加を実現しています。
固形石鹸でありながら、そのテクスチャーはバターのように柔らかい、今までにない不思議な洗顔石鹸です。美容成分が56%配合された“まるで美容液”な生せっけんは、肌に不要な汚れはしっかりと落とすことはもちろん、必要なうるおいは残すことにもこだわった「洗浄×保湿」の黄金バランスを実現しています。

最大の特徴は、泡立てるとマシュマロのような弾力がある濃密泡が出来上がること。肌への刺激による乾燥を防ぐことはもちろん、「気持ちいい」泡と爽やかなアロマの香りが、洗顔時間を心地のよいリラックスタイムへと導きます。

おすすめ商品

洗顔のプロであるルアンルアンがおすすめする洗顔石鹸は、肌への刺激が少なく、保湿成分がたっぷり配合された「生せっけん」。洗浄成分と保湿成分の黄金比率で、肌のうるおいを保ちながら皮脂やほこりなどの不要な汚れをしっかりと洗い流します。

生せっけんには「ライム&ティーツリー」と「ローズ&ゼラニウム」の2種類の香りがありますが、特に乾燥肌さんにはローズ&ゼラニウムがおすすめです。
ローズの精油には、「保湿効果の高さ」「鎮静作用」があり、ゼラニウムの精油には「皮脂バランスを整える」効果があるので、敏感肌さんには生せっけん「ローズ&ゼラニウム」をおすすめします。

洗顔以外の乾燥肌対策・ケア方法

contents-1031 (2)

環境への配慮

乾燥肌さんにおすすめの洗顔石鹸をご紹介してきましたが、肌の乾燥はスキンケアだけで防ぐものではありません。体の内側から潤わせることも重要です。

わたしたち人間の体は約60%が水分で占めているのはご存知でしょうか?水分は体の様々な場所で使われており、その働きは肌にも影響します。体内の水分量が足りないということは、肌の水分量が低下すること。‥つまり、乾燥に繋がってしまいます。

必要な水分量は体重によって異なりますが、体重60KGの人が1日に必要な水分量は約2.5リットル。ただ、食事からも補給できるため、飲み物で補う水分量は「約1.2リットル」。なので毎日最低1リットルを目安に水分を補給しましょう。

特に、冬の季節は飲み物の補給量が少なくなる傾向にあるので、こまめな水分補給を意識することが大切です。

また、冷たい飲み物よりも、温かい飲み物がおすすめです。

温かい飲み物は体温を上げ、新陳代謝など体の働きを活発にするため、肌のターンオーバーを促すことに繋がります。

このように、外側からのスキンケアだけでなく、内側からも同時にアプローチしていくことが重要です。

乾燥肌向けの洗顔石鹸を探しているなら

乾燥肌がなかなか改善しない‥。という方はお使いの洗顔石鹸が肌に合っていないのもしれません。

是非、お伝えした3つのポイント

  1.  肌への刺激成分が少ないこと
  2.  保湿成分がリッチな石鹸であること
  3.  濃密泡で摩擦ゼロで洗えること

この3つを意識しながら洗顔石鹸を選んでみてくださいね。

洗顔という毎日行うスキンケアが、肌悩みを解決するだけでなく、もっと楽しく豊かなものになりますように。
ルアンルアンの生せっけんがそんなお手伝いができたら本当に嬉しいです。


カテゴリから探す
価格帯別
限定/新商品/再入荷
生せっけん
スキンケア
ヘアケア
ボディケア
定期便(20%OFF~)
ラッピング&ギフト
まとめてお得
グッズ
家具・雑貨
販売終了品

Page Top