大人ニキビの洗顔解決方法

きっと誰もが一度は悩んだことのある「ニキビ」。

どんなにお肌の調子が良い時でも、ポツンと一つできるとショックですよね。

大人になってからできるニキビは様々な要因が複雑に絡み合っています。

ニキビの種類や原因を知って、かしこくケアをしていきましょう。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

大人のニキビは複雑


10代の頃にできるような思春期ニキビは、主に「皮脂の過剰分泌」がニキビの原因。

Tゾーンを中心にできやすいのが特徴です。

ホルモンの影響により、皮脂腺が活発になり皮脂の分泌量が増え、うまく排出されずに毛穴が詰まり、その中でアクネ菌が増殖して、ニキビの炎症を引き起こします。

それに対して大人ニキビは、

  • 「ストレス」
  • 「睡眠不足」
  • 「ホルモンバランスの乱れ」
  • 「栄養の偏り」
  • 「お肌の乾燥」

 

などの要因が重なった時にできることが多く、同じところに繰り返しできたり、治りにくいのが特徴です。

思春期ニキビと違い、あごや口もとやこめかみなどのUゾーン(フェイスライン)、首やデコルテにできやすいといわれています。

 

焦っての過度なケアには要注意


さまざまな要因が重なってできる大人ニキビ。

思春期ニキビと同じようなさっぱりと洗い上げる洗顔やスクラブなどの過度のケアは、乾燥を招いてしまい肌バランスを悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

必要なうるおいまで落としてしまうと、バリア機能が低下し、それを補うために皮脂分泌が活発になったり、お肌を守るために角質が厚くなったり、ターンオーバーの乱れによって古い角質がうまくはがれずに、毛穴を詰まらせてニキビの原因になったりしてしまいます。

まずは洗顔でお肌を清潔にし、しっかりと保湿することが大事です。

 

大人ニキビが夏に増える原因


夏は、気温の上昇とともに汗や皮脂の分泌量が増えることで、大人ニキビができやすくなってしまうのですが、もう1つ大きな原因が日焼け止めです。

最近では、汗や水に強いウォータープルーフタイプも多い日焼け止めですが、実はこういった日焼け止めの洗い残しによる肌トラブルが夏は増えてきます。

外では強い紫外線や、それに伴う汗・付着したほこりなどが肌を刺激し、室内では、汗の蒸発やエアコンによる乾燥汗を放置したことにより雑菌が繁殖しやすい肌環境になるなど、肌にとってはかなり過酷な環境です。

特に今年は、マスクの蒸れや摩擦による肌荒れに悩んでいる方もいるのでは。

肌荒れを起こしている時、お肌はいつも以上に敏感になっています。

バリア機能を壊さないよう、優しいスキンケアをこころがけましょう。

大人ニキビにはまずうるおい洗顔

解決の糸口は基本にある。


様々な原因による大人ニキビ。

皮脂分泌が多いところだけではなく、乾燥しやすい場所にもできるため、一体どうケアしたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

そんな時こそ、あれこれアイテムをプラスする前に、一度基本のスキンケアを見直してみてください。

大人ニキビの基本は、「洗顔」と「保湿」です。

 

① まずは、洗顔。


一日の終わりには、メイクとともに皮脂や毛穴汚れを丁寧にしっかりと落としてお肌をリセット。

どんなに良い美容成分も、汚れが残ったお肌にはうまく浸透できません。

必要なうるおいを残しながら、不要な汚れはしっかりと落とす、お肌を乾燥させない洗顔が大切です。

 

② そして、保湿。


「ニキビ=保湿を控える」これは間違いです。

また、保湿というと乳液やクリームなどの油分に目を向けがちですが、水分と油分のバランスが大切なので、皮脂分泌が多い時は化粧水をたっぷりと使うなど、その時のお肌の状態や季節に合ったケアを。

大人ニキビも毛穴の詰まりが原因。先日のコラムでお伝えした「いちご鼻の対策」と似ていますね。

どちらも、日々のケアでターンオーバーを整え、毛穴に皮脂や汚れを溜めないようにすることが大事です。

 

リラックスで新陳代謝を促進


より効果を高めるためには、精油(アロマ)配合のアイテムもおすすめ。

精油は香りを楽しむだけではなく、分子が小さいため、お肌から毛細血管に入り全身に働きかけてくれるんです。

アクネ菌の増殖を抑制したり、気持ちをリラックスさせたり、ホルモンバランスの乱れを整えたり…。

もし香りで迷った時は、嗅いだ時の直感で選ぶことをおすすめします。

嗅覚はとても正直なので、心地よく感じる香りはカラダが欲してるサイン。

バスタイムは、毛穴が開いて汚れが取れやすく、リラックスして血流も良くなります。

毎日のバスタイムを有効に使いましょう。

すすぎ残しは大人ニキビ直行便

見落としがちなアレ。


最後に、大人ニキビが髪の毛の生え際〜フェイスラインにできる原因で、意外と見落としがちなのが、シャンプーやトリートメントのすすぎ残し。

ヘアケア剤を変えたわけではないのに、肌が荒れてきた…。という方は、すすぎ残しがあるかもしれませんので気を付けてください。

 

すすぎが足りないと


すすぎが足りないと、界面活性剤がお肌表面に残り、かゆみや乾燥などの肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、頭皮のすすぎはしっかりやったものの、流れた泡や成分が顔に付着したまま残ってしまい、アクネ菌のエサになりニキビを悪化させてしまうことも良くあります。

目安としては、洗う時間の2倍、常温のお水ですすぐことが理想です。

以前のコラムでも「すすぎの大切さ」をお伝えしましたが、どんなにお肌に優しい洗顔料でも、使い方によっては刺激になってしまうんです。

洗顔料や汚れをお肌に残さないためにも、泡を流した後に、洗い残しがないか鏡で確認し、さらにご自身の手でお肌の感触を確認するようにしましょう。

洗顔やシャンプーは、しっかり泡立てると比較的洗い流しやすくなり、すすぎ残しが減ります。

夏のお肌は、暑さの影響で毛穴も開きやすく、ベタつきやすいので、洗顔料を洗い流した後に、毛穴をキュッと引き締めるようなイメージで、しっかりとすすぐようにこころがけてください。

 

不要なものは落とす。大切なものは落とさない。


大人ニキビに対するスキンケアでも、やっぱりここが基本であり、最も大切な部分になります。何かを足すのはこれがしっかり出来てからで十分です。

夏の肌は過酷な状況に置かれていますので、いつもより更にこの基本を大切にしてくださいませ。

特に、普段は夜しか洗顔されない方も、夏だけは朝洗顔も加えることを強くおすすめします。

汗や皮脂、メイクなどをちゃんと落として肌をリセットすること。

さぼってしまうと、ゴシゴシと長時間頑張らないといけなくなる=「肌荒れが加速する悪循環が待っている」と想像して、不要なものが積み重なってしまう前に落とす習慣を身に着けてください。

肌に優しいヘアケアや洗顔料を選んでいれば、これだけでも対策は十分です。

ぜひ参考にしてみてくださいませ。


カテゴリから探す
限定/新商品/再入荷
ハーバルフレッシュソープ(生せっけん)
スキンケア
ヘアケア
ボディケア
アロマグッズ
サプリメント
グッズ
定期便(20%OFF~)
ラッピング&ギフト
価格帯別
まとめてお得

Page Top