50代におすすめの洗顔石鹸を紹介!エイジングケアに最適

「30歳はお肌の曲がり角」

昔からよく言われる言葉ですよね。

ただ医学的に考えると、人生の中で肌が大きく変化するタイミングは30歳ではありません。

1つは生後間もない赤ちゃんの時期。

特に生後3カ月くらいを境に、皮膚自体の厚さや、皮脂の量が大きく変わります。

そしてもう1つのタイミングが「50歳」を迎えた時です。

「50歳」は女性が閉経を迎える平均的なタイミング。

人によってタイミングは様々なので、「50代前後」と、少し広めに捉えていただいても構いません。

女性は閉経によって、それまでとホルモンバランスが大きく変化します。

女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった、肌のハリと潤いを守っていた成分が体内で生まれにくくなる、などです。

その影響が肌の乾燥や、シワ、たるみとなって現れ、同時に新陳代謝(ターンオーバー)の
周期が落ちることで、くすみやシミなどが顕在化してしまうのです。

こうした変化は50代を境に徐々に起きてくるものですので、その兆候を感じたらそれまでのスキンケアを見直すタイミングだとお考え下さい。

その中で今回は、50代であらためて見直すべきスキンケアの基礎「洗顔」にクローズアップして、洗顔料メーカーであり洗顔のプロであるルアンルアンがご説明してまいります。


50代におすすめの洗顔石鹸の特徴

50代の肌では、以下のような状態が起きやすくなります。

  • 真皮のコラーゲン、ヒアルロン酸等の不足
  • 肌のバリア機能を担っていた皮脂の減少
  • 皮膚自体が徐々に薄くなってくる
  • ターンオーバー周期が長くなり角質が溜まる
  • メラニンの蓄積と新陳代謝の衰え

その結果、しわ、たるみ、 乾燥、肌荒れ、敏感肌、角質の堆積、くすみ、シミの顕在化という、いわゆる”エイジングサイン”が現れてきます。

このような悩みに備えてスキンケアを考え直していく必要があります。

では、世の中で売られている50代向けの洗顔料にはどのような特徴があるのでしょうか。

成分や使い心地の部分にも目を向けて、さらに具体的に解説します。

50代で洗顔石鹸を選ぶ際のポイント

様々な変化が起きてくる50代にとって、洗顔料選びは簡単ではありません。

若いころのように「さっぱり洗えればOK!」というシンプルなものではなく、複数の悩みに対して働きかけてくれるものが必要になってきます。

ここでは大切なポイントを3つご案内します。

◆ 保湿力が高いかどうかで選ぶ

50代の肌トラブルの半分以上は、30代~40代の頃よりも潤いを抱える機能が弱まるところから始まります。

洗顔は”洗い流すもの”なので保湿力を気にしないという方もいらっしゃいますが、実は結構大切だったりします。

わかりやすいイメージだと、洗顔前に「70」あった潤いを、潤いを与えながら洗うことで「60」で留めるか、とにかくしっかり洗って「40」まで減らしてしまうか、いった感じ。

若い頃は洗顔で肌の水分を減らしてもすぐ取り戻せるだけの力が肌にありますが、50代は水分を抱え込む機能自体が低下しているので、少しでも潤いをキープしたいところ。

その為にも、セラミドやヒアルロン酸、グリセリンやハチミツ、アロエなどのハーブエキスなど、保湿成分をしっかりと入れている洗顔料を選ぶのがおすすめです。

◆ 肌への刺激が少ないかで選ぶ

50歳を超えると、バリア機能の低下と共に皮膚自体が薄くなってくるので、外部からの刺激や菌に敏感になり、肌荒れなどを起こしやすくなります。

なので弱酸性の洗顔料を選ぶのも1つの手段ですが、もっとおすすめのものがあります。

それは泡立ちの良い石けんです。

洗顔フォームなどと比べて石けんは泡立ちが悪い、というイメージを持っている方は多いですが、中には濃密な泡が作れる優秀な石鹸があります。

この「泡が濃密」というのがポイントで、濃密泡は肌への刺激が柔らかいという特徴があります。

摩擦が起きにくいという物理的な優しさはもちろん、泡が肌に触れる時の濃度が低くなることで「洗浄力は高いのに刺激は少ない」という理想的なバランスになりやすいのです。

なら石けんではなく、泡で出てくるポンプタイプの洗顔料でも良いのでは?と思われるかもしれませんが、泡タイプの洗顔料は洗浄剤の濃度が高いものがあるので、実は結構刺激が強かったりします。

このあたりは使ってみないとわからない部分ですが、自分で水分量と泡の量を調整できる石けんのほうが安心でおすすめです。

◆ 角質の洗浄力が強いものを選ぶ

肌は年齢と共に透明感を失っていき、50代ともなると皮脂や潤いの減少と共に、肌のゴワつきを感じるようにもなってきます。

この大きな原因が角質です。

新陳代謝が遅くなることで、古い角質が剥がれ落ちにくくなり、肌の上に溜まっていきます。

実は透明感というのは「肌が透けて見える」ことで、そのような肌は血管までうっすら透けて見えることで、ほんのりピンク色した透明感ある肌の印象を与えているのです。

角質が溜まり過ぎるとこの「透け」が失われてしまうので、古い角質を洗い流せる工夫がされている洗顔料を選んでください。

ただし、AHA(フルーツ酸)など角質を溶かすピーリング成分を毎日使うのはおすすめできません。

角質は厚くとも皮膚自体は薄く刺激に弱い状態になっているため、ピーリング成分は肌への負担が大きすぎて心配です。

おすすめはクレイ(泥)やスクラブ配合の洗顔料。

角質を溶かすのではなく、物理的に角質を絡めとっていくような洗顔ができますので、肌への負担も小さく、くすみの原因を取り除く洗顔が出来ます。

【50代の方必見】洗顔石鹸の正しい使い方

洗顔石鹸の選び方が分かったところで、50代の肌を洗顔する時に特に大切なポイントを2つご案内します。

1.50代以降は多めの泡で石鹸洗顔が◎

50代の洗顔には「洗浄力が高くて肌刺激が少ない洗顔料」が必要です。

一見矛盾している条件に思えますが、実はこの2つは共存させることが可能。

そうした洗顔料を選ぶのも1つの手段ですが、今お手持ちのものでも洗浄力を高めて刺激を和らげる方法があります。

それが、たくさんの泡で洗顔することです。

たくさんの泡で肌に刺激を与えないだけでも「肌刺激が少なくなる」ことはご存知だと思いますが、泡の実力はそれだけではありません。

キメ細かい濃密泡には「界面活性作用を和らげて、汚れの吸着力を強める」という性質があるのです。

界面活性作用は強すぎると皮脂を洗い流しすぎたり、スティンギング刺激と呼ばれるピリピリした刺激を起こしたりします。

それが濃密な泡で洗顔すると和らげることができます。

界面活性剤が肌に当たる面積が少なくなることで肌への負担が和らぎ、同時に泡と泡の間に汚れを絡めとっていくような作用を発揮するのです。

もし、たくさん泡立ててもまだ刺激を感じる場合は、泡立てに使う水の量を少し増やしてみると刺激を調整できるのでおすすめです。

2.洗い始めたら30秒ですすぎへ

泡をたっぷり作ったら顔に乗せていきます。

乾燥している箇所と油分が多い箇所が混在している複合肌の場合は、油分が多い箇所から泡を乗せ始めてください。

泡を肌に乗せたら、洗顔する時間は30秒です。

短くて洗った気がしないかもしれませんが、50代の肌は油分が少ない場合が多いので、基本的には30秒あれば不要物を十分に浮かせることができます。

すすぎに使う水温は32℃程度が良いと言われていますが、それより少し低い30℃弱くらいにするのがおすすめです。

ちなみに水温30℃の体感は、”ぬるま湯”というよりも「少し冷たいな」と感じることが多い温度です。

すすぎ方は、水を手ですくったら、顔にそっと押し当てて泡を洗い流していきます。

この方法で最低30回。泡が見えなくなっても、肌が突っ張る寸前まで繰り返しすすいでください。

夜洗顔の場合は、お風呂で洗顔後、シャワーを頭からかけて滴る水ですすぐのもアリです。

ただ30℃程度のシャワーは結構冷たいので気を付けてください。。。

50代におすすめの洗顔石鹸を紹介

50代の洗顔に必要な「保湿力が高く、刺激が少なく、角質をケアできる洗顔石鹸」はいくつかありますが、今回はその中から発売以来長い間売れていて、どのような肌状態にも使いやすいものを3つご紹介します。

1.Ruam Ruam「ハーバルフレッシュソープ」

自然由来の成分で作られたクレイ配合の洗顔石鹸です。

通販でしか販売していない為あまり知られていませんが、固形石鹸でありながらバターのように柔らかいテクスチャーの中に美容成分がかなり多く配合されていて、芸能人にも愛用者が多い「生せっけん」と呼ばれるタイプの洗顔石鹸です。

最大の特徴は泡立ちで、クレイ石けんでありながらかなりの濃密泡。

またセラミドなどを洗い流しにくい脂肪酸の処方で、肌の潤いを守ったまま表面をさっぱりと洗い上げることが出来る心地よさがあります。

洗顔ではしっかりと汚れを落としたいけれど、乾燥させたくない、というスキンケアの基本を大切にする方に特におすすめです。

2.オルビス「オルビスユー フォーミングウォッシュ」

年齢肌への初期エイジングケアとして人気のオルビスユー。

オトギリソウエキスなどによる保湿に加え、独自の肌荒れ防止成分を配合することで、年齢肌によく見られる「肌のゆらぎ」を落ち着かせていく処方が中心。

全体的に優しい処方ですが、クレイを配合することで汚れへの吸着力を高め、すっきりした洗い上がりを感じられるようになっています。

泡立ちは濃密さは少ないものの簡単に泡立つので、時間が無い時にも重宝します。

肌荒れを起こしやすく、その原因が良く分からないという方はまずこちらを使ってみるのもおすすめです。

3.ビーグレン「クレイウォッシュ」

こちらは「泡立てない洗顔料」という少し変わった特徴を持つ洗顔料です。

天然クレイであるモンモリロナイトを配合したジェル状の洗顔料を顔に薄く伸ばしながらマッサージするように洗顔していきます。

洗浄力は低めですが汚れの吸着力が高いため、いちご鼻などの毛穴汚れが気になっているいる方にはとてもおすすめです。

また、泡立てない=時短なので、朝の洗顔にこちらの洗顔料を使っている方も多いようです。

50代におすすめの洗顔石鹸をチェック

最後に、ここまでの解説をまとめてみましょう。

  1. 閉経を迎える50歳前後で女性の肌は大きく変化し始める
  2. しわ、たるみ、 乾燥、肌荒れ、敏感肌、角質の堆積、くすみ、シミの顕在化に注意
  3. 洗顔料は保湿が高く低刺激で、角質ケアが出来るものを選ぶ
  4. 多めの泡で30秒洗顔し、すすぎは30回以上しっかり行う

こうしてまとめると意外と基本的なことばかりだとお気づきだと思います。

そうなのです。

少々大雑把なケアでも何とかなる年齢とは違い、50代の肌はもう一度「基本を丁寧に行う」ことがとても大切になってきます。

洗顔料選びも併せて、これまでの習慣とは違うアプローチが必要なので慣れるまで少し大変かもしれませんが頑張ってみましょう。

人生100年時代。いくつになっても美しいと言われる肌へと日々磨かれていくことを願っています。


カテゴリから探す
限定/新商品/再入荷
生せっけん
スキンケア
スキンケアラインセット
ヘアケア
ボディケア
定期便(20%OFF~)
ギフト セット
ラッピング
グッズ
家具・雑貨
価格帯別
販売終了品

Page Top