40代でたるみ毛穴に悩んでいる方へ!おすすめの洗顔料を紹介

肌悩みの中で、どの年代にも多い”毛穴”のお悩み。40代~50代頃になってくると、頬のあたりや小鼻横の毛穴が目立つ「たるみ毛穴」が気になるように。毛穴のお悩み‥といっても一概に全て同じではなく、その毛穴の状態に合わせたケアが重要です。
今回は「たるみ毛穴」にお悩みの方へ、おすすめのスキンケアや洗顔料をご紹介していきます。

40代でたるみ毛穴に悩む人は多い…?

40代から目立つ”たるみ毛穴”とは?

たるみ毛穴とは、年齢とともにハリや弾力が減少した肌が重力でたるみ、毛穴がしずく形に垂れ下がって目立つようになってしまった毛穴のことです。

蓄積された紫外線によるダメージや、年齢と共に減少するコラーゲンなどの減少や肌の乾燥が、この ”たるみ毛穴” を引き起こす原因と言われています。

さらに、この たるみ毛穴 は、そのままの状態にしておくと毛穴同士が繋がって見えるようになり、シワっぽい印象を与える原因に。毛穴のお悩みだけでなく、それ以外の肌悩みにも繋がってしまうからこそ、日々の正しいケアが重要になります。

そんな たるみ毛穴 を改善する”正しいケア”はものすごくシンプル。「洗顔×保湿」の基礎のケアで改善していくことができるんです。

ここからは、もう1度 たるみ毛穴 の原因についてお伝えした上で、たるみ毛穴を改善させるケア方法についてお伝えしていきます。

40代のたるみ毛穴の主な原因

たるみ毛穴とは、ハリのなさが招く、縦に開いたしずく形の毛穴 のこと。
そして、この”たるみ毛穴”が引き起こされる主な原因は2つあります。

年齢肌による、肌細胞のダメージ

私たちの肌には、肌のハリや弾力を保つ”コラーゲン”や”エラスチン”といった細胞が存在します。しかし、年齢を重ねることで、その細胞の働きが衰えたり、紫外線などのダメージで破壊されてしまいます。

年齢を重ねる分、それらが繰り返される回数も増えてしまい、その結果 コラーゲン など肌の弾力を保つための細胞が減少していってしまうことで、肌自体がたるんでしまい「毛穴のたるみ」にも繋がってしまいます。

エイジングによる、肌の乾燥

40代頃になると、女性ホルモンの分泌量も急激に減少していき、お肌だけでなく 、全体的に乾燥が進行していきます。素肌も乾燥が進むことで、肌のバリア機能を低下させ、正常なターンオーバーのサイクルを保つことが難しくなります。

その結果、肌の水分量をしっかりと保持できなくなってしまい、潤い(水分)が蒸発してしまうことで、乾燥肌へと肌質が変化しやすくなり、毛穴などが目立つ原因へと繋がってしまいます。

たるみ毛穴の正しいケア方法

たるみ毛穴対策には、スキンケアの基本とも言える「洗顔×保湿」が何よりも重要です。
シンプルなことの見直しこそ、美肌への近道となります。

ここでは正しいケア方法をお伝えするので、ぜひ毎日のケアを見直してみてくださいね。

触れない、擦らない。泡を入れこむ、洗顔。

スキンケアのはじまりとなる「洗顔」。スキンケアの成果は落とし方で9割が決まる⁉‥と言われる程、この始まりのケアで 「肌を傷めずに 不要なものをしっかりと落とす」 ことが何より重要です。

まず、洗顔料はしっかりと泡立ててください。
手のひらに乗せた泡をひっくり返しても、落ちないくらいの硬さもポイント。

出来上がった泡を顔にのせたら、指先は ”使わず” に‥!
人差し指・中指・薬指の第三関節まで、幅広く使うイメージで 手肌と顔肌 が直接触れ合わないように、泡を転がしていきます。泡を広げるのではなく、毛穴の中に泡を入れ込む様に‥。

すすぎは 32~36℃ くらいのぬるま湯が正解です。すすぎの際も、肌は擦らずに 水をあてる ようなイメージで少なくとも「30回」はすすいでくださいね。

正しい洗顔は、肌をつっぱらせることなく 保水力 を高めることで、ふかふかの肌に導きます。

たっぷりの保湿は、引き上げ塗り。

たるみ毛穴が気になりはじめたら、肌を引き上げながら たっぷりの水分を入れ込むのがポイントです。洗顔後の保湿は、スキンケアの基礎ではありますが、しっかりと保湿をして角層に潤いが満たされれば、肌がふっくらとしキメが整って毛穴が目立ちにくくなりますよ。

化粧水を入れ込む時のポイントは「手のひら全体」を使うこと。

手のひらにだした化粧水や美容液は1度 手のひら で温めてから、
面積の広い頬の内側から輪郭に向かってハンコを押すようにずらしていきます。

一度、顔全体に広げたら手のひら全体を顔肌に密着させて、下から上に顔を引き上げるように縦方向に押し込んでいきます。

最後は、手を軽くグーの状態にして、手の第一関節と第二関節の間あたりを目元においてみてください。ひんやり、肌がふっくらとしていたら、水分が肌に入りきった証拠です。

肌に中にしっかりと水分を入れ込むことで、たるみ毛穴はグッと目立たなくなりますので ぜひ今日から試してみてくださいね。

40代のたるみ毛穴ケアにおすすめの洗顔料

たるみ毛穴の対策には「洗顔×保湿」という、基本的なケアをしっかりと行うことが何よりも重要です。そして、たるみ毛穴ケアの洗顔でポイントとなるのが、「触れない、擦らない。泡を入れ込む」ということ。

このポイントをしっかりとおさえているのが、ルアンルアンの生せっけんです。

Ruam Ruam「ハーバルフレッシュソープ」

自然由来の成分で作られたクレイ配合の洗顔石鹸です。

固形石鹸でありながらバターのように柔らかいテクスチャーの中に美容成分がかなり多く配合されていて、芸能人にも愛用者が多い「生せっけん」と呼ばれるタイプの洗顔石鹸。

最大の特徴は泡立ちで、クレイ石けんでありながらかなりの濃密泡。

またセラミドなどを洗い流しにくい脂肪酸の処方で、肌の潤いを守ったまま表面をさっぱりと洗い上げることが出来る心地よさがあります。

年齢を重ねてたるみ毛穴や毛穴の開きが気になっている方や、洗顔ではしっかりと汚れを落としたいけれど、乾燥させたくない、というスキンケアの基本を大切にする方に特におすすめの洗顔石鹸です。

40代でたるみ毛穴に悩んでいる方へ

一度できてしまうと厄介な「たるみ毛穴」。そのため日々の基本的なスキンケアでしっかり予防していくことがとても大切です。

「洗顔×保湿」はほとんどの方が毎日やっている当たり前のケア。
だからこそ、今日お伝えした ちょっとしたポイント を意識しながら、ケアをしてみてくださいね。

そして、そのケアを支える存在として、あなたの傍にルアンルアンが寄り添わせていただけたら、本当に嬉しく思います。


カテゴリから探す
限定/新商品/再入荷
生せっけん
スキンケア
スキンケアラインセット
ヘアケア
ボディケア
定期便(20%OFF~)
ギフト セット
ラッピング
グッズ
家具・雑貨
価格帯別
販売終了品

Page Top